カフェインの効果とは?コーヒーを飲む量・時間帯で気をつけることは?

カフェインって、眠気覚まし以外にもいろんな効果があるって知ってましたか?

この記事では、意外と知られていないカフェインの効果について解説します。

記事の後半では、コーヒーの適切な摂取量や飲む時間、カフェインのサプリメントは飲むべきか?などについて書きました。

ぜひ、参考にしてみてください。

    目次

  1. カフェインの効果とは?
  2. コーヒーに含まれるカフェインの量は?
  3. カフェイン摂取量の目安
  4. カフェインの効果的な摂取時間は?
  5. カフェインのサプリメントは飲むべきか?
  6. カフェインの効果|まとめ

カフェインの効果とは?

カフェインの効果とは?

カフェインの効果は、以下の通りです。

  • 中枢神経を覚醒させ、疲れや眠気を軽減する
  • 集中力が向上し、学習効率が高まる
  • 呼吸量と熱発生量を高めて皮下脂肪燃焼
  • 鎮痛補助作用もある
  • 利尿作用による老廃物の排出促進

カフェインは、眠気覚ましとして知られていますが、他にもこんなに効果があったなんて驚きですね。

コーヒーに含まれるカフェインの量は?

一般的なブラックコーヒーの場合、

コーヒー100mlにカフェイン60mgが含まれています。

ちなみに、コーヒー以外にもカフェインを含む飲み物はたくさんあり、それぞれのカフェイン含有量は以下の通りです。

飲み物 カフェイン含有量(mg/100ml)
紅茶 20
緑茶 15~20
レッドブル 32
モンスターエナジー 40
コーラ 10
デカフェ 5

コーヒーのカフェイン含有量が圧倒的に多いですね!

よって、眠気覚ましにはエナジードリンクよりコーヒーがおすすめです。

市販のエナジードリンクは確かにおいしいですが、「眠気覚まし」という目的で使うには、ちょっと物足りないかな…という感じです。

カフェイン摂取量の目安

カフェイン摂取量の目安

カフェインの、一日あたり摂取量の目安は以下の通りです。

  • 大人:目安は3mg/kg体重/日。上限は400mg/日
  • 妊婦および授乳婦:上限は200mg/日
  • 子ども:目安は3mg/kg体重/日。

体質による部分もありますが、この範囲内であれば特に副作用などの心配はありません。

カフェインは、必須栄養素ではないので、必要なければ摂らなくても大丈夫です。

カフェインの過剰摂取は不眠症、脱水症、頭痛などの症状につながるので、摂りすぎには注意しましょう。

カフェインの効果的な摂取時間は?

カフェインは摂取してから30分~1時間で効果が表れ、3~4時間ほど効果が持続します。

つまり、カフェインを効果的に飲む方法は、

「作業に取り掛かる30分~1時間前に飲む」

というのがベストです。

カフェインのサプリメントは飲むべきか?

カフェインのサプリメントは様々ありますが、はっきり言って、必要性はそれほど高くないです。

普段からよくコーヒーを飲む人であれば、コーヒーの量で調節すれば十分なので。

コーヒーが苦手という人は、パフォーマンス向上を目的としてサプリメントを使うのもありですね。

サプリメントのメリットをあげるとすれば、「手軽・安い・持ち運びができる・摂取量の調節が楽」といったところです。

持っていて損することはないので、気になる方は買ってみてもいいかもしれませんね。

※画像クリックで商品ページへ

ちなみに僕が買うとしたら、「カフェイン100+PLUS」一択です。

1粒あたりカフェイン100mg配合で、多すぎず・少なすぎず、使いやすいです。

Amazon売れ筋ランキング1位、国内製造という点も信頼できるポイント。

カフェインの効果|まとめ

  • カフェインは疲労・眠気を軽減し、パフォーマンスを高める
  • カフェイン摂取量の目安は3mg/kg体重/日
  • サプリを買うなら「カフェイン100+PLUS」一択。

カフェインは、適切な量を適切な時間に飲むことで、パフォーマンス向上させる効果があります。

集中力を高めたり、作業効率を向上させたり、仕事や勉強を効率よく進めることができるので、ぜひ効果的に使ってみてください。

ただし、3mg/kg体重/日の摂取量だけはちゃんと守ってくださいね。

どうせなら、おいしいコーヒーでカフェインを摂りたい!という人向けの記事も用意していますので、こちらも合わせてご覧ください。

【コーヒー好きにおすすめ】自宅で美味しいコーヒーを淹れるためのアイテムまとめ

きっとあなたに合ったアイテムが見つかるとおもいますよ。